1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. ホットチョコレートとココアの違いに驚き!国民生活センターの資料から比較

ホットチョコレートとココアの違いに驚き!国民生活センターの資料から比較

ホットチョコレートとココアの違い
スポンサーリンク

むい日に喫茶店に行って、ホットチョコレートを注文するのがひそかな楽しみデス。ふと思ったけど、ホットチョコレートとココアとの違いってはっきり知っていますか?

なんとなく、粉末がココアで固形がチョコかな? と、考えていますがどうなんでしょうか?

実際はどうなのか徹底的に作り方や成分を調べてみました。

お伝えすること
ホットチョコレートとココアの違い
チョコレートの歴史は遙か昔の古代アステカ帝国が起源
ホットチョコレートもココアも成分栄養がすごい!
ホットチョコレートとココアの作り方の違い

 

ホットチョコレートとココアの違い

どちらも本場ヨーロッパでは明確に区別されていません。

各国の呼びかた

ココア(英:cocoa)
ホット チョコレート(英:hot chocolate)
ショコラ ショー(仏:chocolat chaud)

 

チョコレートの語源は「ショコラトル(chocolatre)」という飲みものでした。
そうです。チョコレートは元々飲みものでした。
現在の固形のチョコレートが誕生してからもココアの事をホットチョコレートと呼ぶ場合もあります。

参照先:日本チョコレート・ココア協会※1

ホットチョコレートもココアも原料は同じでした。どちらもカカオ豆から作られています。

ホットチョコレートもココアも原料は同じ

  • すり潰したカカオ豆+油分(カカオバター)+砂糖+粉乳=チョコレート
  • カカオ豆ー油分(カカオバター)=ココア粉末

濃厚な味ならホットチョコレート、さっぱり楽しむならココア

ココアの場合、油分(カカオバター)を減らしているので、さっぱりしていて、ホットチョコレートのほうが濃厚なチョコレート本来の味を楽しめます。

先輩ママ
濃厚でこってりした味が好きな人はホットチョコレートだね!

 

チョコレートの歴史は古代アステカ帝国が発祥です

チョコレートの発祥は古代アステカ帝国(今の中南米)と考えられています。

アステカ帝国では、滋養強壮の効果がある神秘な飲みものとして、カカオ豆をすり潰して飲んでいました。
16世紀になると、“スペインが征服してカカオ豆をヨーロッパに持ち帰り、チョコレートとココアが誕生した”と考えられています。
1828年にオランダのバンホーテンがカカオ豆からカカオバターを2/3取り出し特許を取得してココアを作りました。

現在もバンホーテンの純ココアは販売されていますよ。

バンホーテンの純ココア
画像引用:Amazon※2

ココアの粉末に砂糖と乳製品を加えて飲みやすくしているものを調整ココアといいます。

森永製菓のココアが有名ですね。

森永製菓のココア
画像引用:Amazon※3

ホットチョコレートもココアも成分栄養がすごい!

ポリフェノールがすごい!

カカオ豆には含まれるカカオポリフェノールは、赤ワインよりも多く含まれています。ポリフェノールとは、アンチエイジング効果、抗酸化作用あります。

カカオポリフェノール
画像引用先:国民生活センター※4

平成11年~平成12年に実施された、国民生活センターの実験結果をみるとポリフェノールの多さがわかります。
以下、【マンズ・ヴォトル・サンテ】、【ココア効果】、【カカオの恵み】は商品名ですが、おそらく販売終了しています。

赤ワインで1番ポリフェノールが多かった【マンズ・ヴォトル・サンテ】 450mg

赤ワインで1番ポリフェノールが多かった【マンズ・ヴォトル・サンテ】

画像引用先:キッコーマン※5

ココアで1番ポリフェノールが多かった【ココア効果】 3450mg

チョコレートで1番ポリフェノールが多かった【カカオの恵み】 1800mg

ポリフェノールはケタ違いにココア・チョコレートが多いですねl。

カロリーはカカオバターを取り除いたココアのほうが低カロリー

  • ホットチョコレート
    約200kcal
  • ココア
    約160kcal

 

カフェイン100mlあたりをコーヒーと比較

  • コーヒー
    60mg
  • ココア
    10mg未満

カフェイン100mlあたりをコーヒーと比較

スポンサーリンク

先輩ママ
カフェインの量が少ないので妊娠中のママでも安心して飲めるね!

カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は 最大 300 mg/日(マグカップで約 2 杯)までとする。

画像・文章引用:内閣府食品安全委員会※6

脂肪分はチョコレートが少し多め

  • チョコレート
    35%くらい
  • ココア
    20%

カロリーと同じく、カカオバターを取り除いたココアのほうが脂肪分も少なくなります。

ホットチョコレートとココアの作りかたの違い

ホットチョコレートの作りかた

■■準備するもの■■

ミルクチョコレート 60g
牛乳 300ml

■■ちょい足しアレンジ■■

マシュマロ 数個
チョコシロップ

 

■■ホットチョコレートの作りかた■■

  1. ミルクチョコレートを溶けやすいように包丁でこまかく切ります。
  2. 鍋に牛乳を入れて沸騰しないように温めます。
  3. こまかく切ったチョコレートを入れて溶かして完成です。
  4. お好みでシュマロやチョコシロップをかけると濃厚さ120%アップ!

※音声あり 0:16~が本編になります。

 

ココアの作りかた

■■準備するもの■■

  • ココア 小さじ山盛り2杯
  • 砂糖 小さじ山盛り2杯 ※砂糖はお好みで! 多めのほうが美味しくなります。
  • ミルク 120ml
  • 水   10ml
  • あれば便利なモノ、小さいサイズの泡立て器

 

もはやカフェレベル!究極の美味しいココアの作りかた

  1. 小鍋にココアを入れて香り立つまでしっかり弱火で煎ります。
  2. 香りがしてきたら、砂糖・水を入れて弱火にかけてペースト状になるまでしっかり練ります。
    3~5分くらいがんばるとツヤが出てきますよ。
    火加減やナベの素材によって焦げやすいので注意!
  3. ミルクを少しずつ入れて温めながらつねに混ぜます。
    沸騰させると香りがとんでしまいます。注意して!
  4. マグカップなどを事前に温めておいて、注いで完成!

※音声あり


参考として、動画もご覧ください。

 

もっと手軽に飲みたい!簡単なココアの作りかた

  1. マグカップにココアと砂糖を入れて、そこに熱湯を少しいれます。ペースト状になるまでしっかり練る!
  2. そこに温めたミルクを入れて完成!
    または、冷たいままのミルクを入れて電子レンジでチン!
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
ホットチョコレートとココアの違いはカカオバターを取り除いているかどうか。そう考えてよいでしょう。

作りかたでいうとココアのほうが簡単で、濃厚な味が好きな人はホットチョコレートですね。ポリフェノールの多さには驚きました。赤ワインとくらべてもケタ違いの多さでした。

どちらも適度な甘さが心もカラダも【ほっこり】元気にしてくれる感じがします。色々なアレンジが楽しめるのもイイですね。ホットチョコレートもミルクチョコレート以外に、抹茶にしたり、ビターにしたりアレンジができます。

ココアも色々なアレンジ・ちょい足しができます。

さあ、おいしいホットチョコレートかココアを飲みながらあなたは何をしていますか?暇つぶしにスマホを何となく眺めているなら30日間は無料の雑誌アプリを観てみませんか?

女性の雑誌はもちろん男性雑誌に週刊誌まで最新号をサクサクチェックできます。

くわしくは>>ファッション雑誌読み放題アプリ3つを比較。女性誌に特化するかドラマも視聴するか

ファッション雑誌読み放題アプリ3つを比較。女性誌に特化するかドラマも視聴するか

 

 

 

 

 

 

参照先:日本チョコレート・ココア協会※1
画像引用:Amazon※2
画像引用:Amazon※3
画像引用先:国民生活センター※4
画像引用先:キッコーマン※5
画像・文章引用:内閣府食品安全委員会※6

スポンサーリンク
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キラっと  ~すべての輝く女性を応援するメディア~の注目記事を受け取ろう

ホットチョコレートとココアの違い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キラっと  ~すべての輝く女性を応援するメディア~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!