1. TOP
  2. ファイトケミカルスープの効果がすごい!きれいに痩せたい究極レシピとは

ファイトケミカルスープの効果がすごい!きれいに痩せたい究極レシピとは

スポンサーリンク

ァイトケミカルとは、植物が自分自身を守るために作られた天然の機能性成分。

紫外線や害虫から守るために生み出されました。

ファイトケミカルを活用したスープを飲むと、エイジングケアやダイエットはもちろん、生活習慣病にも効果が期待できます。

女性にうれしい成分がたっぷり入ったファイトケミカルスープの効果や、スープの作りかた。さらには、6色に分類して注目食材を使ったレシピもお伝えします。

ファイトケミカルの権威、高橋弘先生の書籍『ファイトケミカルできれにやせるレシピ』を参考にしています。

お伝えすること

ファイトケミカルスープの6つの効果がすごい

ファイトケミカルスープは、ダイエットはもちろんエイジングケアにもピッタリです。

筆者の高橋先生は、朝1杯、夜は1~2杯飲むようにして、90キロ台あった体重が10年後には10kgダウンしたそうです。

その後もスープを飲み続けて14kgダイエットに成功しました。

特別な運動も食事制限もなく、ファイトケミカルスープだけです!

 

基本のファイトケミカルスープは、鍋いっぱいの量でも190キロカロリー”と、驚きの低カロリーです。

食事の最初に飲むと、満腹感も得られ食べ過ぎ予防になります。しかも、食物繊維もたっぷりでお通じもスムーズにできます。

プロファイバーの効果があなたの腸内環境には必要な5つの理由

6つの効果をくわしくみるときはここをクリック

ファイトケミカルスープの作りかた

ファイトケミカルスープの基本が“ハーバード式野菜スープ”です。

ファイトケミカルはスープで取るのが1番気軽で簡単です。

身近な野菜で作る基本のスープの作りかたです。自然の甘みや、深い味わいがクセになります。

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

ファイトケミカルスープの材料は4つの野菜でバッチリ

いつもの食事の前に一杯のスープを先に飲むのがベスト!

ファイトケミカルスープの基本としておすすめの野菜は4つです。1年中手に入り、値段も手頃です。

作りかたも簡単で食事制限もなく、スープと具材を食べるだけなので、続けやすいのも魅力です。

1.キャベツ・・・イソチオシアネート

2.にんじん・・・αカロテン、βカロテン

3.玉ねぎ・・・イソアリイン、ケルセチン

4.かぼちゃ・・・βカロテン

ファイトケミカルスープの効果的な食べかたは食事前に飲む

食事の前にスープを飲む。ファイトケミカルはスープにたっぷりふくまれています。

そして食事の最初に飲むこと、血糖値が上がりにくくなります。

  • 1回:200ml
  • 1日:400~600ml

野菜スープの具も一緒に食べるのがオススメ!

ハーバード式赤のファイトケミカルスープ

トマトの元気スープ(ミネストローネ)

数種類の野菜が入っていて抗酸化作用が強いのが特徴。

トマトのファイトケミカルでもある「リコペン」の抗酸化作用と、ベーコンの「ビタミンB1」の疲労回復を手に入れよう。

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

ハーバード式黄のファイトケミカルスープ

ファイトケミカルカレースープ

ニンニクとウコンの代謝効果でダイエットにも期待大!

鮮やかな黄色のカレースープは代謝アップに効果的。ニンニクの「アリシン」と、ウコンにふくまれる「クルクミン」の効果で冬でもポカポカ

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

ハーバード式緑のファイトケミカルスープ

手羽先とカブの葉の美白スープ

「コラーゲン」豊富でお肌がぷるっぷるに!

体内で「コラーゲン」を作るには「ビタミンC」が必要です。カブの「ビタミンC」と、手羽先の「コラーゲン」はまさに白の強力レシピでお肌ぷるっぷるです。

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

ハーバード式紫のファイトケミカルスープ

ナスととろろのショウガスープ

やさしい味わいながら抗酸化力がすごいスープです。

「アントシアニン」と、「クロロゲン酸」をふくむナスにはとても強い抗酸化力があります。

とろろのぬめり(ムチン)で食欲がないときでも美味しくいただけます。

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

ハーバード式白のファイトケミカルスープ

豆腐と大根のごまみそ汁

低カロリーと大豆の「イソフラボン」が魅力的なスープです。

ダイエットのときこそ、良質のタンパク質が必要です。豆腐の大豆タンパクをふくんだ白のスープは、低カロリーで体にやさしくです。

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

ハーバード式黒のファイトケミカルスープ

わかめとたっぷり野菜のみそ汁

わかめの食物繊維が、健康的に痩せたいあなたをサポートします。

わかめの食物繊維がたっぷり加わった黒のスープ。「フコキサンチン」という、抗酸化力の強いファイトケミカルをふくみ、きれいに痩せたいあなたにぜひ飲んでほしいです。

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

このように、ファイトケミカルは色ごとにわけてそれぞれの効果を分類しています。色ごとのファイトケミカルは後半にお伝えします。

 

ファイトケミカルとは

ファイトケミカルやフィトケミカル( phytochemicalと呼ばれるものは、野菜や果物などの植物(ファイト)が作り出した機能性成分のことです。

動物と違って植物は動くことができません。植物は進化の過程で、外敵から身を守る機能を自ら持つことができました。

  • 紫外線を浴びると発生する活性酸素をおさえる
  • タネを腐敗やカビから守る

ファイトケミカルは細胞膜や細胞の中にある

ファイトケミカルは、非常に硬いセルロースでできた細胞壁に囲まれた細胞膜や細胞の中に入っています。

セルロース(cellulose)とは?

しかし、細胞壁は熱を加えることで壊れます。スープだとコトコト煮込めばファイトケミカルが細胞壁の中から溶け出してきます。

ファイトケミカルは、加熱しても壊れません。8~9割はスープにふくまれ、抗酸化パワーは生の野菜ジュースのなんと“10〜100倍”です。

 

ファイトケミカルの約9割がスーパーで買える食材

ファイトケミカルは大きく6つの種類にわけられます。その約9割は身近な野菜や果物にふくまれています。

例えば、

  • トマトの赤色を作るリコペン
  • 赤ワインの香りとなるポリフェノール
  • ショウガの辛味でもあるジンゲロール

これからはすべてファイトケミカルです。

現在では数千種類が見つかっています。研究では1万種存在すると考えれられています。

レンチン生姜ダイエットはショウガオール効果で代謝13%UP作り方の注意点とは

ファイトケミカルの種類は大きく6つ

ファイトケミカルは大きく6つにわけられます。

くわしくみるときはここをクリック

ファイトケミカルの3つの主な働き

ファイトケミカル6つ

1.抗酸化作用

活性酸素による体のサビを防ぐ

2.免疫力アップ

免疫細胞活性化し、細菌やウィルスを撃退

3.抗ガン作用

ガン細胞の芽やがん細胞の成長をおさえる

糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素が体の素材やエネルギー源です。

一方、ファイトケミカルは食物繊維に続く第7の栄養素といます。しかし、体の素材にはならないので“非栄養素”とよばれています。

ファイトケミカルの働きは5大栄養素と同じくらい重要です。

 

食べすぎや、不規則な生活になりがちな今の時代には、欠かせない成分ですね。

 

ファイトケミカルでいう体のサビとは

呼吸をするときの約1%が活性酸素になります。紫外線やストレスによっても活性酸素が増えます。

この活性酸素が体をさびつかせる原因で、サビとは「酸化」のことです。

サビは老化や病気を引きおこしたり、肌や髪などの美容面にも悪影響です。

私たちの体には活性酸素から身を守るシステムがあります。しかし、年齢とともにその働きが低下してしまいます。

 

ファイトケミカルの美容効果

ファイトケミカルの「抗酸化作用」や「免疫力アップ作用」は美容効果バツグンです。

活性酸素を取りのぞくことで、エイジングケアができます。美肌や美しい髪を作り、見た目年齢がマイナス5歳は当たり前かもしれません。

凄い効果!産後も葉酸が必要な9つの訳!抜け毛頭痛は葉酸不足が原因

そのほかにも、

  • 免疫力を高めで肌トラブルを改善
  • 強力なデトックス作用
  • 代謝を上げる機能
  • 体脂肪の分解、脂肪をうながす
  • 老廃物を体の外に出してきれいに痩せる効果
ファイトケミカルの美容効果をくわしくみる

6種類にわけられるファイトケミカル!その色は「赤・黄・緑・紫・白・黒」

体が疲れたときや時間がないときに、わざわざ食材を思い出すのは大変です。6色に分類されているので覚えるのも簡単です。

赤のファイトケミカルは、強い抗酸化力を持つ赤の野菜と果物。体のサビを防ぎ、美肌にも有効です。

黄のファイトケミカルは抗酸化作用が強いです。黄色の野菜と果物で健康と美を手に入れるのに有効です。

緑のファイトケミカルは、抗酸化力で体の内側からきれいをサポートします。

紫のファイトケミカルは、目の健康を保ち、抗酸化作用でエイジングケアに有効です。

白のファイトケミカルは、デトックスやダイエットにも効く野菜が多い。

黒のファイトケミカルは、エイジングケアとダイエットなど女性に必要な要素がたっぷりです。

 

赤のファイトケミカル

強い抗酸化力を持つ赤の野菜と果物。体のサビを防ぎ、美肌にも有効です。

強い抗酸化力が持ち味の赤のファイトケミカル! 野菜や果物の赤色は、「リコピン」や「カプサンチン」などの「カロテノイド」や「アントシアニン」などのポリフェノールの色です。

赤のファイトケミカルの特徴

  • 強い抗酸化力
  • 活性酸素、ストレスなどによる体のサビ(酸化)をおさえて、皮膚や肩の老化をふせぐ
  • ガンや動脈硬化の予防
  • エイジングケア
  • 美肌作りをサポート

アントシアニンはpHで色が赤や赤紫色に変わる。

アントシアニンは、酸性では赤、アルカリ性では赤紫色になります。イチゴなど酸性のものには酸味があり、ぶどうやブルーベリーなどは酸味が少ないのが特徴。

特に眼精疲労など目の老化に有効です。

赤色の食材をくわしくみる

赤のファイトケミカル食材のおすすめレシピ

いろいろな食材と作るのもよいですが、せっかくなら赤にこだわって作りませんか?

イチゴとパプリカのスムージー

美肌とダイエットに効果あり。

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

トマトのスープ

美肌や免疫力アップに効果あり。

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

黄のファイトケミカル

黄色のファイトケミカルは、抗酸化力にすぐれた黄色の野菜と果物が健康な体と美しさを引き出します。

黄のファイトケミカルの特徴

  • 抗酸化作用
  • 目の健康に効く
  • 免疫力アップ

黄色は主に「βカロテン」、「βクリプトキサンチン」などの「カロテノイド」の色です。

抗酸化作用。さらに、体の中で「ビタミンA」に変換されて、免疫バリアを強化します。

目にいい「ゼアキサンチン」、女性ホルモンに似た「イソフラボン」なども黄色のファイトケミカルです。

黄色の食材をくわしくみる

とうもろこしと玉ねぎのスープ

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

緑のファイトケミカル

緑の野菜は抗酸化力で体の内側からきれいをサポートします。

緑のファイトケミカルの特徴

  • 抗酸化作用
  • 免疫力アップ
  • デトックス効果

緑色野菜を緑色は「クロロフィル」(葉緑素)の色です。

抗酸化作用やガン抑制などの効果があります。この「クロロフィル」のほか、緑色野菜には「βカロテン」や、「ルテイン」などの「カロテノイド」が豊富にふくまれ、抗酸化作用や動脈硬化の予防、免疫力アップ作用が期待されます。

※クロロフィルはすべての食材にふくまれています。

緑色の食材をくわしくみる

緑のファイトケミカル食材のおすすめレシピ

小松菜とキウイのスムージー

美肌、アンチエイジング効果が期待できます。

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

ブロッコリーのポタージュ

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

紫のファイトケミカル

目の健康をメインに、抗酸化効果でエイジングケアにもピッタリ!

紫のファイトケミカルの特徴

  • 目の疲れに効く
  • 抗酸化作用
  • エイジングケア
  • 血液サラサラ作用
  • 動脈効果予防

目に効く「アントシアニン」が紫色の原料です。赤のファイトケミカルでも出てきた「アントシアニン」ですが、pH(ペーハー)がアルカリ性になることで赤紫色から黒色になります。

目の疲れはもちろん、抗酸化力もとても強く、エイジングケアや血液サラサラ作用、動脈効果効果の予防にも役立ちます。

「アントシアニン」は、ぶどうやブルーベリーなど、皮にたっぷりとふくまれているので皮ごと食べましょう。

赤ワインは、ぶどうの種に強い抗酸化力を持つ「プロアントシアニジン」がふくまれています。

「アントシアニン」をふくむぶどうの皮と、種を一緒につぶして醸造される赤ワインは、「ポリフェノール」がたっぷりです。

紫色の食材をくわしくみる

あずきと黒糖のデザートスープ

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

白のファイトケミカル

 

白色だと栄養素が少ない感じがしますが、じつはたくさんの効果があります。ダイエットにも効果的な野菜がたくさんあります。

白のファイトケミカルの特徴

  • デトックス効果
  • 緑黄色野菜に比べても栄養的にはおとらず、ビタミンC、ビタミン B1、ビタミンB2をふくみ、ミネラルも豊富。
  • イオウ化合物をふくんでいる。(アリイン、イソアリイン、イソチオシアネート)
  • ガン抑制効果
  • 血液サラサラ作用

白い野菜(淡色野菜)は、「βカロテン」をふくんでいません。しかし、緑黄色野菜に比べて栄養的にもおとらず、「ビタミンC」、「ビタミン B1、B2」をふくみ、ミネラルの供給源として大切な野菜です。

白い野菜には「アリイン」、「イソアリイン」、「イソチオシアネート」などのイオウ化合物のファイトケミカルが豊富にふくまれています。

ユズやみかんの皮の白い部分には「ヘスペリジン」がたっぷりふくまれています。

ヘスペリジンとは?
白色の食材をくわしくみる

白のファイトケミカル食材のおすすめレシピ

セロリとバナナのスムージー

免疫力アップ、リラックス効果が期待できます。

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

ユズ香る白菜と肉団子のスープ

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

黒のファイトケミカル

エイジングケアにダイエット、女性にうれしい効果がたっぷり

黒のファイトケミカルの特徴

  • 高い抗酸化力
  • ガン抑制
  • 動脈硬化の予防
  • 抗アレルギー作用
  • エイジングケア

ワカメや昆布、のりにふくまれる「フコキサンチン」は黒色の「カロテノイド」

コーヒーやごぼうの黒は「クロロゲン酸」

黒米は「アントシアニン」の黒です。

高い抗酸化力があり、ガン抑制や動脈硬化の予防、抗アレルギー作用があります。女性にはエイジングケアに期待できます。

ファイトケミカルが豊富で健康効果の高い海藻は、ミネラルなど栄養素が高く、食物繊維も豊富です。

腸内の善玉菌と言われる乳酸菌群を活性化させて、免疫力を高め、悪玉菌の勢力を読める働きがあります。便秘解消にも効果的です。

黒色の食材をくわしくみる

黒のファイトケミカル食材のおすすめレシピ

黒米と甘酒のホットスムージー

美肌と目の疲れに効果が期待できます。

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

ごぼうのポタージュ

作りかたをくわしくみるときはここをクリック

最後に

今まで知らず知らずに食べていた食材が、体には重要なミラクルパワーをもたらしてくれていました。

  1. 抗酸化作用でエイジングケア
  2. 免疫を強くする作用で丈夫な体に
  3. 血液をサラサラで生活習慣病予防
  4. デトックス作用で体の中からキレイになってお肌も輝く
  5. ガンを予防する作用で長生き
  6. 肥満や高脂血症を予防してキレイにダイエット
  • キャベツ・・・イソチオシアネート
  • にんじん・・・αカロテン、βカロテン
  • 玉ねぎ・・・イソアリイン、ケルセチン
  • かぼちゃ・・・βカロテン

基本のハーバード式スープに使う食材も簡単に手に入ります。カレーを作るような野菜ですよね。

野菜のもつ力に、改めて感心しました。

冬場に食べる、鍋にはたくさんの野菜を入れますよね。これってファイトケミカル食材ばっかりだと思いませんか?

和食ってやっぱりいいんですね!

スポンサーリンク

s_12017-02-04_193523

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キラっと  ~すべての輝く女性を応援するメディア~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キラっと  ~すべての輝く女性を応援するメディア~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【医師推奨】寝る姿勢は横向きがいい!肩こりにならない快眠枕の作り方

  • ノヴェッロの解禁日まであと少し!ボジョレーよりおすすめな3つの理由

  • 【ショック】女性の頭はクサイです!気になる頭皮が臭う理由と対策

  • 女性の体臭対策2つの方法、ダブルヘッド臭に女性は注意!ゲンキの時間を観て感想

  • 昼夜逆転の直し方、寝てくれない赤ちゃんに寝てもらう4つの方法

  • 人工知能で病名突き止め!女性の病気を発見してくれるワクワクする未来がやってくる