1. TOP
  2. 紫外線対策ができる食べもの7選!食べる日焼け止めで差をつけろ!

紫外線対策ができる食べもの7選!食べる日焼け止めで差をつけろ!

紫外線対策食べもの
スポンサーリンク

ろそろ紫外線が気になる季節になってきました。

日焼け止めや日傘で対策をしても、汗で流れ落ちてしまい、うっかり日焼けしてしまうことも。

そんな時に、紫外線対策ができる食べものを食べて、からだの内側からも日焼け対策をしましょう!

今回は紫外線対策ができる食べものについてご紹介します。

産後のママでシミが気になるかたはこちらもご覧ください。

産後にシミが増える理由と3つの対策法とは?産後の顔がシミだらけでビックリ!

紫外線対策に必要な栄養素と食べもの7選

紫外線対策に効果のある栄養素と、それらが含まれている食べものをご紹介します。

1.ビタミンC

ビタミンCには、紫外線対策に効果のある3つのはたらきがあります。

  1. 肌の新陳代謝をうながすはたらき。
  2. シミやそばかすの原因となる「メラニン色素」の生成をおさえるはらたき。
  3. コラーゲンの生成をうながすはたらきです。

ビタミンCは肌にハリと白さをもたらします。

オススメ食材
いちご、トマト、アボガド、ブロッコリー、オレンジ、グレープフルーツ、じゃがいも、キウイ、スイカ

2.β-カロテン

β-カロテンは、オレンジ色の野菜やくだものに含まれています。
日焼けをするとビタミンAは失われてしまいますが、β-カロテンは失われたビタミンAの代わりとなります。
また、シミやそばかすなどの原因となる「メラニン色素」の生成をおさえてくれます。

オススメ食材
ニンジンやほうれん草などの緑黄色野菜、サツマイモ

ファイトケミカルスープの効果がすごい!きれいに痩せたい究極レシピとは

3.ビタミンB2

ビタミンB2には、肌の新陳代謝をよくし、肌を丈夫にするはたらきがあります。

オススメ食材
レバー、うなぎ、いわし、いくら、かつおぶし、ゆず、ライチ、アボガド、牛乳 

4.ビタミンE

ビタミンEには、抗酸化作用があります。
抗酸化作用とは、活性酸素をおさえるはたらきのことをいいます。
活性酸素は、シミやそばかすの原因となる“メラニンの生成”をうながすものです。

オススメ食材
アボガド、緑黄色野菜

5.リコピン

トマトなどの赤い食べものに含まれるリコピンには、“ビタミンEの100倍もの抗酸化作用”があります。

出典:わかさ生活

オススメ食材
トマト、バナナ、ブロッコリー、ザクロ、鮭

見た目年齢を実年齢より若くしたい!32%の女性が悩む老け顔徹底改善マニュアル

6.ポリフェノール

コーヒーやお茶などに含まれるポリフェノールにも抗酸化作用があり、紫外線対策に効果的です。

ほかのサイトでは、「ダークチョコレートのポリフェノールが日焼けに対する耐性を高める」との記載が多いですが、ここに関しては少し疑問です。

国民生活センターによると、抗酸化作用はポリフェノールだけではなくβ―カロテンやビタミンEなどと補完しあって抗酸化作用を高めていると考えられます。

こちらで紹介したほかの栄養素とあわせて食べるようにし、紫外線対策の効果をもっと高めましょう。

オススメ食材
ダークチョコレートコーヒー、お茶、赤ワイン

ホットチョコレートとココアの違いに驚き!国民生活センターの資料から比較

7.オメガ3脂肪酸

オメガ−3脂肪酸は、貝類や脂肪分の多い魚に含まれています。
シワや日焼けの原因となる活性酵素から肌を守るはたらきをします。

オススメ食材
エゴマ油、フラックスシード、いわし、サバ、マグロ、くるみ、緑黄色野菜

お気づきのかたもいるかと思いますが、アボガドは優秀な紫外線対策に効果的な食材で、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンEが豊富です

リコピンが豊富なトマトと一緒に、サラダにして食べるとおいしいです。

オメガ3脂肪酸が含まれるマグロと一緒に、しょうゆ等で味付けして「アボガドマグロ丼」もよいですね。

スポンサーリンク

DHA入り食品は魚以外もある?調べると5つも発見!お宝食はこれッ

アフターケアとしてもし日焼けをしてしまったら?

日焼け後に食べるとよい栄養素があります。それは亜鉛たんぱく質です。

亜鉛

ヒトには欠かすことのできない必須ミネラルです。新陳代謝をよくし、肌の炎症をおさえるはたらきがあります。もし不足すると、うるおいが保てなくなりお肌がカサつきます。

亜鉛は魚介類や肉類に豊富に含まれているので、日焼け後は積極的に摂りたいですね。

オススメ食材
牡蠣、のり、納豆、しじみなどに多くふくまれています。

たんぱく質

皮膚、髪、爪などあらゆる細胞の素となるものです。

たんぱく質が不足すると、肌の新陳代謝が悪くなってしまいます。
日焼けはもちろんのこと、シワやくすみの原因にもなります。なるべく意識して食べるようにしましょう。

オススメ食材
たんぱく質は卵、大豆製品、乳製品、鳥のささみなどに多く含まれています。

納豆を比較すると大豆の栄養が凄すぎ!納豆VS強敵4つの大豆製品

日焼けを悪化させるソラレンとは

柑橘類

ビタミンCが紫外線対策に有効ですが、ビタミンCが豊富な野菜やくだものには、ソラレンという成分が含まれているものもあります。

ソラレンには光毒性があります。

光毒性とは?

よかれと思い食べていたものが、実は紫外線対策になっていなかった! なんてことのないよう、ソラレンを含む食べものをチェックしておきましょう。

ソラレンが含まれている食べもの

  • レモンなどの柑橘類
  • きゅうり
  • セロリ
  • パセリ
  • シソ
  • 三つ葉
  • いちじく
  • キウイ
  • アセロラ

柑橘類は夜に食べる

柑橘類は、食べる時間を変えましょう。

ソラレンのピークは食べてから2時間後です。7時間経つと効果がなくなります。

柑橘類や薬味などを朝食に食べるのは控えて、日が暮れる少し前の15時以降に食べましょう。もちろん夕食なら問題はありません。

ソラレンが含まれているレモンなどの柑橘類は、ビタミンCが豊富です。

ソラレンが含まれているからといって、食べないのはとてももったいないことです。

スポンサーリンク

まとめ

紫外線対策に効果のある食べものは、からだによいものばかりですね。

紫外線対策でなくても、積極的に食べておきたいです。

“ソラレン”が含まれる柑橘類を朝食べるのはよくないということは、特に注意が必要ですね。

私自身もビタミンCを意識するあまり、真夏の旅先の朝食バイキングで、たくさんのミカンを食べていたことがありました……。気をつけましょう。

あなたの見た目は若く見られますか? それとも……

若く見られるために必要な全てをまとめました。

くわしくはこちら>見た目年齢を実年齢より若くしたい!32%の女性が悩む老け顔徹底改善マニュアル

見た目年齢を実年齢より若くしたい!32%の女性が悩む老け顔徹底改善マニュアル

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キラっと  ~すべての輝く女性を応援するメディア~の注目記事を受け取ろう

紫外線対策食べもの

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キラっと  ~すべての輝く女性を応援するメディア~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!