1. TOP
  2. 赤ちゃんの夜泣き対策につかえる11の方法でママもぐっすり

赤ちゃんの夜泣き対策につかえる11の方法でママもぐっすり

赤ちゃんの夜泣き対策
スポンサーリンク

日睡眠不足と闘いながら赤ちゃんの子育てお疲れ様です。
うちの子はとにかく上の子の夜泣きがひどくてひどくて……(涙)

夜泣き対策はいろいろ試しました。アプリだったりyoutubeで動画をみせたり……

新生児のころから夜寝ない子でしたが、夜泣き対策で1番よかったのは【昼間にたっぷり外に出て遊ばすこと】【ミルクを飲ます】、そして【スキンタッチ】でした。

こんかいは赤ちゃんの夜泣き対策方法を調べました。

お伝えすること
赤ちゃんの夜泣き対策11選

1.お昼にガッツリ遊ぶ
2.朝は同じ時間に起きて、夜も同じ時間に寝る
3.朝は太陽の光を浴びて、夜は部屋を暗くする
4.夜泣きや寝つきの悪さはママでも治せるスキンタッチ法
5.体を温めてあげる
6.夜泣きに飲ませる漢方薬をためす
7.夜泣きをたった一回で止める方法!?
8.思い切って夜泣きの赤ちゃんを一度起こす
9.室内の環境や赤ちゃんの身の回りを整える
10.何しても泣き止まないときはドライブ
11.赤ちゃんが興味のある音を聞かす

赤ちゃんの夜泣き対策はこの11個で対処しよう

赤ちゃんそれぞれにあった夜泣き対策がきっと見つかりますよ。

1.お昼にガッツリ遊ぶ

夜泣き対策は公園で遊ぶ

個人的には1番効果のあった夜泣き対策でした。
赤ちゃんが起きている間はお外に出てしっかり遊ばせました。
太陽を浴びるだけでも効果があるでしょう。(日焼けには注意してね)

昼間に遊べば、夜は自然と眠くなって寝付きもよくなります。
赤ちゃんの生活リズムを整えるが重要ですね。

新生児の場合、授乳で3時間おきに泣かれるので新生児の間はちょっとがんばりましょう。

2.朝は同じ時間に起きて、夜も同じ時間に寝る

赤ちゃんも生活リズムがとっても重要です。
睡眠のサイクルがうまくできると夜泣きがありませんでした。

しかし、昼寝をし過ぎるとやっぱり夜は寝ません。

理想だけでいうと、

起床時間:7時
就寝時間:20時

仕事もあるし、うちは無理でした。

お昼寝の時間
生後4ヶ月くらいまで:最大4時間半
生後5.6ヶ月くらい:最大3時間半
生後7ヶ月~1歳:最大3時間ほど
それ以降~3歳くらい:最大2時間ほど

が目安です。

 

ポイント!

先輩ママ
お昼寝の時間が夕方5時を過ぎないように!

これはホント実感しました。一緒にお昼寝をして気がついたら夕方6時……
こうなったらごはんの準備もできないし、お風呂もすべて後ろにずれ込んで夜8時に寝かしつけなんて

8時に寝かしつけなんてできるか!

当然、夜は寝てくれません。。

育児書がもし基準なら【ダメ親】確定です(汗)
赤ちゃんはそれでも育っていくので考えすぎるママは気楽にいきましょう。

3.朝は太陽の光を浴びて、夜は部屋を暗くする

太陽の光で夜泣き対策

大人も同じですね。
体内時計って聞いたことありますか?

太陽の光を浴びることによって、赤ちゃんも大人も「メラトニン」(睡眠をうながすホルモン)の分泌が止まります。
そして、「セロトニン」(脳が目覚めるホルモン)の分泌が活発になります。

一般的にメラトニンは太陽の光を浴びて約14~15時間後に分泌がスタートします。
このメラトニンは明るい状態ではほとんど分泌されません。
夕方になり暗くなってきたら分泌量が増えていきます。

太陽が沈むと、分泌量がさらにアップして、深夜2時頃に分泌量がピークに達するという性質を持っています。
そして、太陽の光を浴びるとメラトニンの分泌が減少して、目覚めてきます。

朝は起こす前からカーテンを開けて部屋を明るくしておきましょう。
朝のぐずりもなく、赤ちゃんが自然に目覚めてくれます。

コラム:赤ちゃんの睡眠サイクルは40~60分

睡眠のサイクルは、ノンレム睡眠(深い睡眠)、レム睡眠(浅い眠り)の2つで成り立っています。
大人は90~120分を3回~5回繰り返すと言われています。

赤ちゃんは40分~60分と大人の半分と言われています。

例えば、60分 ☓ 3回 = 180分(3時間)
この時間帯にミルクが飲みたいと赤ちゃんは泣き出す可能性が高いと言えます。

レム睡眠は浅い眠りのために色々な反応をします。
寝返りや、手足をバタバタ動かしたり、夜泣きをしたりします。

 

参考図書として、赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイドも読むと目からうろこデス。

著者である清水悦子さんのブログのリンクもご案内しておきますね。
http://ameblo.jp/yonaki-byby/

4.夜泣きや寝付きの悪さはママでも治せるスキンタッチ法

親子スキンタッチ法というのをご存知ですか?
書籍や研修会などもあります。

親子スキンタッチ会公式サイト:http://s-touch.net/

スキンタッチとはスプーン、歯ブラシ、ドライヤーを利用して皮膚をなでたり、軽く刺激を与える、新生児から小児までできる健康法です。
東洋医学の小児はりを家庭にあるもので手軽にできるようにしたのがスキンタッチです。

皮膚を刺激することで自律神経が整います。
皮膚は元々脳などと同じ神経系から発生しているので、免疫系やホルモンの分泌を調整する役割があります。

夜泣き対策以外にも、

かんの虫
中耳炎
ぜんそく
アトピー性皮膚炎
おねしょ
便秘
食欲不振

赤ちゃんの慢性疾患に効果が期待されています。
もちろん小児科で診てもらうのは大切ですが、家庭で日頃からやると良いでしょう。
動画でデモンストレーションがありました。(音がでます。)

夜泣き

夜泣きの程度はさまざまですが、赤ちゃんは4~5ヶ月頃から原因のわからない夜泣きがはじまります。毎日睡眠不足と育児疲れのママは、さらに睡眠時間をけずられるのでこたえます。

発熱をともなっている場合は止めましょう。

観察すると、
夜泣きをして、十分な睡眠が取れていない子どもは、目がつり上がって険しい顔になっています。

1.スプーンを使って、背骨の両側を肩から腰に向かって、大きくゆっくりと、なでさすります。ゆったりとリラックスしてきます。

2.歯ブラシを使って、左右のこめかみから耳の後ろにかけて、軽くトントンと叩きましょう。気持ちいいようなら、頭全体にしてみましょう。

3.ドライヤーを使って、うつ伏せにして、足首からふくらはぎに向かって、ドライヤーで温めながら、なでさすります。
両脚ともおこないます。足が温まるとよく眠れます。

ポイント!

先輩ママ
夜泣きはスキンタッチの成果がはっきり出ます。毎日5~10分続けることで、夜泣きの回数が減り、程度もましになります。
5日ほどやって変化が無いorひどくなる場合はやりすぎの可能性があります。
時間を半分にして刺激量を調整しましょう。

寝付きが悪い

新生児の赤ちゃんは、約3時間周期で眠り、目覚めます。
4ヶ月ころからは夜の睡眠時間が増えて周期も長くなっていきます。
しかし、ちょっとした刺激で周期が崩れてしまい、寝付きが悪くなります。
むずがっているようなら無理におこなわずやめましょう。

観察すると、
頭全体、とくに後頭部から側頭部にかけて皮膚がつっぱって緊張しています。

1.スプーンを使って、左右の耳の後ろから肩にかけて、なでさすります。

2.歯ブラシを使って、頭全体、とくに左右のこめかみから耳の周辺を軽くトントンしてください。つっぱって緊張している頭をやわらげます。

3.ドライヤーを使って、うつ伏せにして、足首からふくらはぎに向かって、ドライヤーで温めながら、なでさすります。
両脚ともおこないます。足が温まると眠くなります。

ポイント!

スポンサーリンク

先輩ママ
寝付きが悪いのは、昼間の生活の刺激(怖い・楽しいなど)のなごりや、不安感によることが多いので、スキンタッチで気持ちを静めてあげよう。また添い寝は子どもの不安をやわらげます。
背中をトントンしたり、頭をなでてあげたり、からだを密着させるだけでも子どもは安心します。

母乳が出ない悩みをもつママもいます

厚生労働省の『平成17年度乳育児栄養調査』によると、“96%の母親が母乳がでれば母乳で育てたい”と考えています。

母乳で育てたい

そのうち“48.1%のママが母乳が不足ぎみ、母乳がでない”と悩んでいます。

母乳がでない

あなたは大丈夫ですか?

江戸時代から民間療法として伝わる「あずき茶」なら、カフェインゼロで授乳に必要な栄養補給ができます。
妊娠中の「足がパンパン」対策にも欠かせません。

もちろん、赤ちゃんに「ゴクゴク」音がするくらい飲んで欲しいママにもピッタリです。

くわしくはこちら>母乳育児サポート飲料『母なるおめぐみ』

5.体を温めてあげる

足を温めると赤ちゃんは夜泣きせず寝てくれます

スキンタッチ法でもお伝えしましたが、足が冷えていると赤ちゃんが夜泣きしたり、寝付きが悪くなります。

そばにいて足をさすってあげたり、レッグウォーマーを履かせるのも良いでしょう。

6.夜泣きに飲ませる漢方薬をためす

赤ちゃんの夜泣き対策に樋屋奇応丸

楽天市場で販売しています。

ひやきおーがん(樋屋奇応丸)ってご存知ですか?
知っている人は関西人ですね!?

赤ちゃん夜泣きで困ったな・・
かんむし、乳はき弱ったな・・
ひやひや、ひやのひやーきおーがん

関西人は歌えるかもしれません。(筆者関西人デス)

最新バージョンのテレビコマーシャルです。

7.夜泣きをたった一回で止める方法!?

一回だけ「夜泣きを放置する」という対策です。
海外では小さいときから親とこどもは別々の寝室で寝るのが多いらしく、controlled cryingと呼ばれています。

疲れて夜泣きに対応できずに寝たふりしたら、その日以来夜泣きをしなくなったママもいるようです。


このママと同じく疲れきって夜泣きの対応ができないママも多いです。
日本だとどうかなぁお隣や近所が気になるし、親と同居だったら絶対ムリかも。。

試す場合、新生児の授乳は忘れないでね。

8.思い切って夜泣きの赤ちゃんを一度起こす

うちの子が2歳くらいの時かな?
もう火がついたようにギャン泣きされることも多く、一度起こして録画した幼児向けの番組を見せたり、ジュースを飲ませたり。
赤ちゃんや幼児でも夢は見ます。怖い夢だと一度部屋の明かりをつけて気分転換させた方が朝まで寝てくれます。

9.室内の環境や赤ちゃんの身の回りを整える

当然ですが、オムツが濡れていたり、ミルクが飲みたいときは夜泣きします。
諸説いろいろありますが、部屋の明かりも最初は豆電球で、寝るときは真っ暗なほうがよいようです。

昼夜逆転しやすいので、夜、寝る時は、豆電球も消して部屋を真っ暗にする。

いそかわキッズクリニックさんのホームページで新生児のいるママむけに書いてあったので一部ご紹介させていただきました。
http://www.eonet.ne.jp/~isokawakids/fromisokawa4.html

赤ちゃんは視覚や聴覚、嗅覚も未発達ながら機能しています。
隣の部屋からテレビの光や音が漏れてくると赤ちゃんは眠れません。

明るい・うるさい・くさい・良いにおいがあると眠れないです。

10.何しても泣き止まない時はドライブ

ドライブして夜泣きを落ち着かせる

車を持っている家庭だとオススメです。
眠りの周期が乱れるかもしれませんが、チャイルドシートに乗せてちょっとドライブすると、泣き止みます。
エンジン音と適度な振動が赤ちゃんには心地よいのでしょうね。

ドライブができなくても夜風に当たるだけでも環境が変わって赤ちゃんは泣き止みます。

11.赤ちゃんが興味のある音を聞かす

夜泣き対策というより、外出先で使えるかもしれません。赤ちゃんが好きな音があるようです。

ふかふかかふかのうた(音が出ます)

ロッテのおかしのコマーシャルですが、日本音響研究所が監修のもと、子どもが泣き止む音や映像で作られています。

3歳未満の幼児52人を対象に行った実証実験調査をして、全体の96.2%に当たる50名が泣き止んだそうです。
うちの子の場合、最初は効果がありました。

 

タケモトピアノのコマーシャル(音が出ます)

https://youtu.be/_JWqH6BxBdU
昔からあるコマーシャルです。ナイトスクープで最初に取り上げられて広く知られるようになりました。

 

最後に

赤ちゃんの夜泣き対策に試してほしい11の方法をお伝えしました。

1.お昼にガッツリ遊ぶ
2.朝は同じ時間に起きて、夜も同じ時間に寝る
3.朝は太陽の光を浴びて、夜は部屋を暗くする
4.夜泣きや寝付きの悪さはママでも治せるスキンタッチ法
5.体を温めてあげる
6.夜泣きに飲ませる漢方薬をためす
7.夜泣きをたった一回で止める方法!?
8.思い切って夜泣きの赤ちゃんを一度起こす
9.室内の環境や赤ちゃんの身の回りを整える
10.何しても泣き止まない時はドライブ
11.赤ちゃんが興味のある音を聞かす

産まれてから1~2ヶ月は本当に大変です。
気が滅入ってしまいますよね。

夜泣きはストレスですね

イラッとして、「うるさい!!!!」って赤ちゃんに怒鳴ることもあるでしょう。
これって【育児あるある】なので、友達にも聞いてみてください。
みんなそうですから(^^)

産後うつという言葉もありますが、睡眠不足と赤ちゃんに24時間つきっきりだと誰でもなりますよね。安易に安定剤など服用せずに、親や旦那さんに手伝ってもらいましょう。

シングルのママはもっともっと大変だと思います。1人でがんばらず自治体やNPOの支援団体に相談してください。

こんかいの記事が少しでも参考になれば嬉しいデス。

産後ママあるあるは、夜泣きのストレスだけじゃ無いですよね。色々まとめてみました。旦那さんのイラッとする言葉など・・ぜひご覧ください!【産後ママあるある】は有名人も一緒!抜け毛や産後うつなどこんなに共感7選

【産後ママあるある】は有名人も一緒!抜け毛や産後うつなどこんなに共感7選

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キラっと  ~すべての輝く女性を応援するメディア~の注目記事を受け取ろう

赤ちゃんの夜泣き対策

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キラっと  ~すべての輝く女性を応援するメディア~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 甘酒は子供が飲んでも大丈夫?【新常識】甘酒の美容効果と甘酒お菓子レシピ3選

  • ゴルゴ線は生まれつきでも消せると実感【産後ママが解説】次はあなたが実感しよう

  • 8時間も寝たのに【寝た気がしない】原因はストレス?それとも◯◯が理由?

  • 新生児期のおススメ育児ブログ18選! ママが読んで楽しく、癒され、ためになる!

  • 母乳育児っていつまで続けたらいい?ママの決意と世界保健機関の発表にヒントあり!

  • 授乳中の頭痛薬は【小児科でもらえる】頭痛歴10年以上のママが試した上手な使いかた